特殊文字

更新日:2018.06.30
  1. HOME
  2. ホームページ作成講座
  3. 特殊文字

コピーライトや商標マーク,半角の<や>といった文字はHTMLで簡単には表示できません。 このような特殊な文字を表示するには、文字実体参照というものを活用します。

文字実体参照

文字実体参照のうちごく一部ですが、以下に紹介しておきます。

特殊文字文字実体参照
コピーライト©©
登録商標®®
半角の&&
ダブルクォーテーション「"」"
半角の<<
半角の>>
半角スペース 

上記の表を見ると分かるように、文字実体参照は「&」と「;」の間に任意の文字を挟んで表示させます。

文字実体参照できる特殊文字は他にも沢山あります。 ハートマークとか数学の記号、英語以外のアルファベットなどです。 関心がある方は以下のリンクをご覧下さい。

HTMLで使える文字実体参照

文字実体参照のサンプル

では、特殊文字を使ったサンプルを見てみましょう。

temp.htmlを開いて、textフォルダに「lesson7.html」というファイル名で保存してください。 そしてbodyタグ内に以下のように記述して見ましょう。

&lt;strong&gt;特殊文字&lt;/strong&gt;<br>
Copyright&copy;

ブラウザで表示させると、以下のようになります↓

無事HTMLタグを表示することができました。コピーライトも使う頻度が高いと思うので、是非覚えましょう。

NINJABUTTON