保存とファイル名

更新日:2018.06.30
  1. HOME
  2. ホームページ作成講座
  3. 保存とファイル名

ここでは、ファイルを保存する時の注意点と、ファイル名の付け方について見ていきましょう。

ファイルを保存する

ファイルを新規作成した場合、すぐにファイルを保存しましょう。 すぐに保存する理由はまた後で述べます。

保存する場合は、拡張子付きのファイル名で保存します(下図)。

拡張子付きのファイル名で保存

HTMLファイルの場合、拡張子は「.html」または「.htm」となります。 HTMLエディタでは自動的に拡張子を付けてくれるものもありますが、 自分で拡張子を付けるクセを付けていきましょう。

あとは編集する度に上書き保存をしていきましょう。

ファイル名の付け方

半角英数字を使う

ファイル名の付け方には決まりがあります。 ファイル名は半角英数字でなければいけません。 この点、気をつけるようにして下さい。

私はよくページが表示されない、画像が表示されないと言った相談を受けましたが、 大抵はこのファイル名に原因がありました。 確かに英数字を使っているのですが、全角になっているのです。 「123.html」と「123.html」は確かに見分けが付き難いと思います。 気をつけて下さい。

全角のファイル名は見分けにくい

トップページはindex.html

ファイル名の付け方でもう一つの決まり事は、 トップページは「 index.html 」にするということです。

index.html(拡張子は .htm でも良い)というファイル名は、省略することが可能です。 当サイトもhttp://www.pori2.net/と表しますが、 正式には、http://www.pori2.net/index.htmlとなります。

テンプレートファイルを作る

ではここまで学んだことを実践してみましょう。 まずは、HTMLファイルの雛形(テンプレート)を作ります。 以後このテンプレートをコピーして、多くのHTMLファイルを作っていきます。

それでは前のページで見たHTMLの骨格を貼り付け、 temp.htmlという名前でHomePageフォルダに保存してみましょう。

以下は、StyleNoteを使ってtempファイルを作る方法です。

HTML骨格の貼り付け

StyleNoteを起動し、HTMLの骨格を貼り付けます↑

名前を付けて保存

名前を付けて保存をクリック↑

HomePageフォルダにtemp.htmlで保存

HomePageフォルダを選択します。そしてファイル名にtemp.htmlと打ち込み、保存ボタンを押します↑

今後は、このテンプレートファイルをを開いて、別名を付け、新たなHTMLファイルを作っていけば良いでしょう。

NINJABUTTON