Androidの基本的な指の操作

更新日:2018.07.05
  1. HOME
  2. Android活用術
  3. Androidの基本的な指の操作

これから、Androidの活用方法を解説していきます。 しかし、説明で出てくる操作用語が分からないと何にもなりません。 それで最初に、指で行う操作の名称を覚えることにしましょう。

指で行う操作の名称と使用用途

以下に、Androidでの操作の名称と、簡単な用途を掲載しています。 基本的に以下の8つを覚えておけば、殆どの操作は行えます。 是非名称を覚えると共に、操作もマスターしてください。

タップ一回軽く指で押さえます。アプリを起動したり、ボタンを押したりする時に用います。
ダブルタップPCで言うダブルクリックですが、経験上そんなに頻繁に使うことはありません。
ピンチイン画面を拡大縮小する時の操作です。ピンチインは縮小します。
ピンチアウト画面を拡大縮小する時の操作です。ピンチアウトは拡大します。
フリック主に文字入力などで使います。指を上下左右に軽く弾くような操作です。
スワイプ画面をスクロールさせる時等に使います。縦だけでなく横に使うこともあります。
ロングタップアイコンなどを長押しすると、選択状態になったり、メニューが出たりします。
ドラッグアイコンを移動したり、文字選択の時に使います。指で押さえたまま動かします。

他にトリプルタップや2本指によるスワイプ等もありますが、今は上の8つを覚えておけば十分です。

操作上の注意点など

タップは軽く押すだけ!

私も多くの方にスマホやタブレットの使い方を教えましたが、年配の方は特にタップが苦手です。 力を入れて強く押したり、 いつまでも指で押さえてロングタップになったりするのです。 タップは軽くポンと押すだけであることを覚えておきましょう。

タップの反応が悪い場合

また指先が乾燥している方は、タップの感度が悪いようです。それで強く押したりするようです。 そんな時は、指に少し息を吹きかけてみましょう。湿り気があると感度が良くなります。

それでも駄目な場合は、タッチペンの使用を提案します。100円均一に売っているもので大丈夫です。 これを使うとタッチの反応も良くなりますし、細かい部分でもタップし易くなります。

困った時はロングタップ

「写真などを削除するのはどうすればいいのか」と言った質問をよく受けます。 そんな時にまずするのは、ロングタップ!これをすると、メニューが出るので、望む操作ができる場合があります。 皆さんにも是非お勧めします。操作が判らない時は、とりあえずロングタップしてみてください。