ディスプレイの設定

作成日:2019.01.29
  1. HOME
  2. Android活用術
  3. ディスプレイの設定

ここでは「設定」→「ディスプレイ」の中にある設定項目について見ていきます。この中に壁紙の設定もありますが、前のページで説明したのでそちらをご覧ください。

ディスプレイにある設定項目
  1. 明るさのレベル
  2. 明るさの自動調節
  3. カラーモード
  4. 壁紙→前のページ参照
  5. スリープ
  6. 端末の回転
  7. フォントサイズ
  8. 表示サイズ
  9. スクリーンセーバー(次ページ

*画像はAndroid Ver8.0(端末:moto e5)のものです。

ディスプレイ設定の項目

明るさのレベル

明るさ調整スライダー

画面の明るさを調整します。スライダーを動かして明るくしたり暗くしたりできます。

明るさの自動調節

画面の明るさを、周りの状況に合わせて自動的に変化するようにします。暗い部屋では画面の輝度を落としてまぶしすぎないようにします。明るい所では画面も明るくして見やすくします。

カラーモード

カラーモード

画面の色の雰囲気を変えます。暖色系または寒色系に変更できます。

スリープ

スリープの時間設定

何も操作しない時間がどれだけ経てばスリープに移行するか設定できます。 短くしていれば電池の持ちが良くなります。しかしのんびりしているとすぐ画面が暗くなってスリープに移行してしまうので、自分の使い方に合わせて移行時間を設定しておきましょう。

端末の回転

端末の回転の設定項目

端末を横向きにした時に、画面も回転するかどうかを設定します。

フォントサイズ

端末の文字サイズを指定します。下の画像は「標準」と「最大」を並べたものです。

デフォルト
文字サイズ最大

表示サイズ

端末のアイコンや様々なパーツの大きさを指定します。下の画像は「標準」と「小」を並べたものです。

デフォルト
小

スクリーンセーバーについては次のページで解説します。

注:ディスプレイの設定項目は端末によって違います。このページで解説したものが無い場合もあれば、もっと違った項目がある機種もあるでしょう。