Android活用術ケータイ入力とフリック入力

作成日:2020.07.12
  1. HOME
  2. Android活用術
  3. ケータイ入力とフリック入力

ここから日本語を入力する方法について見ていきます。日本語を入力する主な方法は、ケータイ入力フリック入力があります(端末に搭載されているキーボードによっては、片方だけ対応しているものもあります)。

ケータイ入力

ガラケーなどで文字を打つのと同じ方法です。簡単スマホなどはこの入力方法になります。

【あ】のキーをタップすると「あ」が入力される

図のように【あ】のキーをタップしてみましょう。「あ」が入力されます。

2回連続タップで「い」が入力される

【あ】のキーを連続して2回タップすると「い」が入力されます。

3回連続タップで「う」が入力される

【あ】のキーを連続して3回タップすると「う」が入力されます。

このように同じキーを連続して押して文字を選択するのがケータイ入力です。

「かき」と打とうとしたが「く」になってしまった

ケータイ入力で同じ行の文字を連続して打つ場合、少し気をつけなければなりません。

柿(かき)と打ちたい場合、「か」はキーを1回タップ、「き」はキーを2回タップですが、どちらも「か行」です。なので3回【か】のキーを押しますが、連続すると「く」になってしまいます。

文字と文字の間に一呼吸置く

この場合、最初の【か】のキーを1回押して「か」を入力し、一呼吸置いてから【か】のキーを2回タップして「き」を入力します。一呼吸置くと、次の文字の入力になります。

あるいはカーソルを右にずらして次の文字を打ちます。

フリック入力

フリック入力はスマホで採用された入力方法です。素早く文字を入力するにはフリック入力の方を覚える必要があります。

【あ】のキーをタップすると「あ」が入力される

フリック入力でも単に【あ】のキーをタップすると「あ」が入力されます。

左に弾くと「い」が入力される

【あ】のキーを左に弾くようにすると、「い」が入力されます。

上に弾くと「う」が入力される

【あ】のキー上に弾くようにすると、「う」が入力されます。

右に弾くと「え」が入力される

【あ】のキー右に弾くようにすると、「え」が入力されます。

下に弾くと「お」が入力される

【あ】のキー下に弾くようにすると、「お」が入力されます。

このように一つのキーを上下左右に少しスライドさせて入力文字を選択する方法をフリック入力と言います。

ケータイ入力で「お」を入力しようと思うと、キーを5回タップしなければなりませんが、フリック入力だと下に弾くだけ(1回)ですぐに入力できます。

キーを長押しするとフリックガイダンスが出る

最初のうちはどちらに弾けばいいかわからないかもしれません。そのような時にはキーを長押ししてみましょう。どちらに弾けばどの文字が入力できるかがわかります。