初級編 PLL法

更新日:2018.06.28
  1. HOME
  2. スピードキューブ攻略法
  3. 初級編 PLL法
上面横を揃える
PLL完成図

初級編のPLL法で習得するパターン

PLL法は全部で21パターンありますが、 初級編ではそのうちの8つを覚えます。 その8つとは以下のものです。 図をクリックすると各パターンの揃え方のページへジャンプします。

パターン1 パターン2 パターン3 パターン4
パターン5 パターン6 パターン7 パターン8

PLL法では、揃える場合も、パターン作る場合も、上面(黄色面)は揃った状態にあります。 ですからパターンを覚える際に白キューブだけでなく、 黄色キューブにも注目することができます。

残りのパターンを揃える

この8つのパターンを組み合わせることによって、 残りの13パターンも揃えることができます。 上記以外のパターンを揃えるためには、まずコーナーキューブを揃え、 次にエッジキューブを揃えていきます。

コーナーキューブを揃える

隣同士のコーナーキューブを揃えるには、 パターン6を利用します。 例えばパターン10(中級編)の場合は、 パターン6を2回繰り返すことで揃えることができます。

対角線上のコーナーキューブを入れ替える場合は、 パターン7パターン8を用います。

パターン6~8はコーナーキューブだけでなくエッジキューブも動きます。 ですから、先にコーナーキューブを揃え、後にエッジキューブを揃えていきます。

エッジキューブを揃える

コーナーキューブが揃ったなら、あとはエッジキューブを揃えます。 エッジキューブのみを揃えるパターンは4種類しかありません。 そのうち3つは上に出ていますので、残りは1つ、パターン9(中級編)です。 これはパターン1かパターン2を2回利用して揃えることができます。

ここまで覚えたなら、是非6面完成まで通しで練習していきましょう。 時間を測りながら何度も繰り返して、 基本となるパターンを反射的に回せるぐらいまでになってください。 1分をコンスタントに切れるようになりましょう。