ヨドバシカメラオリジナル480円SIM

更新日:2018.07.30
  1. HOME
  2. 趣味のページ
  3. ヨドバシカメラオリジナル480円SIM
Wireless Gateの480円SIMその他の画像

先日、ヨドバシカメラの税込480円SIM(Wireless Gate WiFi+LTE)を購入しました。 250kbpsと低速ながら、使い放題である点が価格と共に大きな魅力のSIMです。

スマートフォンはIIJみおふぉんのミニマムスタートプラン(税込1,728円)で運用することにしました。 音声通話付きで、月2GBのクーポン、高速/低速の切り替えが可能、 低速でもバースト機能でウェブページの読込みが早いという文句の付けようが無いSIMなのですが、 唯一の欠点が低速で366MB/3日の速度制限が付くところです。この制限に掛かると50kbps以下に速度が下がるらしいのです。

そんな中で発売されたのがこの480円SIM。低速ながら使い放題のSIMが、みおふぉんの欠点を埋めることができるか、試してみようと言う訳です。 これで使用可能なら、月々の通信費が2210円ほどで済むことになります(通話費用は別)。 このSIMをAVOXの3Gルーターに入れて使ってみることにしました。

得意・不得意のあるSIM

設定等は他のサイトで紹介されているので割愛します。3Gの場合のAPNが「foma01.wi-gate.net」となる点にだけ注意します。

ウェブの読込みは早い

さっそくパソコンで接続し、ウェブを見てみました。読込みはとても早いです。 今まではOCNのモバイルONEを同じ3Gルーターに入れて使っていました。OCNの低速時と比べて、明らかに早いです。 ウェブ閲覧なら十分使えるSIMであることが分かりました。

ダウンロードは遅い

ウェブの読込みが早くて喜んでいたのですが、40MB級のZIPファイルをダウンロードしてみて評価が一変しました。 とにかく遅いのです。これをダウンロードするのに1時間以上の表示が…しかもその後速度がどんどん低下していきました。

流石にこれでは使い物になりません。わずか1日で解約しなければならないのか(泣) 結局ルーターのSIMをOCNに戻してその日は運用しました。 SIMの発行代3,240円もったいない!と泣きながら…

得意・不得意がある

一日経って、もう一度480円SIMを試してみました。やはりWebの読込みは早いです。数秒ですが500kbpsを超えている感じです。 IIJのバースト機能に負けていないのではないでしょうか。これを捨てるのは大変惜しいです。

もう一度試しにある壁紙サイトで3.4MBのFullHDの壁紙をダウンロードしてみました。下がその時の通信速度を示したガジェットです。

通信速度ガジェット

左側の大きな山が、サイトを読み込んだ時のものです。数秒ですが、500kbps近く出ています。 その後が壁紙をダウンロードしている山なのですが、100kbpsも出ていません。 これではダウンロードに非常に時間が掛かるのが分かると思います。

何故?画像ファイルだから遅いのでしょうか? しかしウェブ上の画像は結構早く読み込まれていきます。 このあたりの理由は、現在の所分かっていません。 ファイルサイズの大きいもの制限が掛けられるのかも知れません。

特徴をふまえたSIMの運用を考える

このように、ヨドバシのSIMはウェブ閲覧には使えるが、何かをダウンロードするのは不向きなようです。 しかしよくよく考えてみると、私の3Gルーターを使う時の利用目的の殆どはウェブ閲覧です。ということは、 問題ない訳です。

Windows Updateや何か大きなファイルのダウンロードの時には、IIJmioの高速クーポンを使えば済みます。 Win8.1が2台、Win7が1台ありますが、2GBあれば大抵の場合用は足ります(IIJは月毎にプランを変えられるので、どうしても足りない時は4GBプランにすればOKです)。

スマホやタブレットのアプリの更新は、できるだけWiFiが飛んでいる所で済ますようにすれば、 IIJmioの高速クーポンの節約になります。

パソコンでネットに繋いでいると、裏で何だかんだと通信して、知らないうちに通信量が増えていきます。 ですからIIJmioの低速モードでのテザリングは、非常に危険なのです。 この部分をヨドバシの480円SIMで埋めることができたら、そうした恐れがなくなります。

最初は解約を考えましたが、考え直して上手に付き合って行こうと思いました。 なんせ480円ですから、多少の欠点は目をつぶりましょう!そしてネットを使った仕事をしている私でも、 月々の通信費2,214円(ユニバーサルサービス料含め)でやれるということを皆さんにも知って頂きたいと思います。