QUMI Q2 映写画像

更新日:2018.07.30
  1. HOME
  2. 趣味のページ
  3. QUMI Q2 映写画像

Qumi Q2でDVDやBlu-rayを映写してみた画像を掲載しておきます。 暗所での撮影なのでノイズが乗っていたりぼけたりしているかも知れません。 ただ300ルーメンがどれ程の明るさなのかは分かると思います。

QUMI Q2で映写した画像

以下の写真は通常モードでの映写です。エコモードの写真はありません。

ラピュタDVD
ラピュタの各パーツが大きくて迫力がある
ナウシカDVD
1メートル近い王蟲は大迫力
宇宙戦艦ヤマト完結編DVD
暗い空間に浮かぶ地球が美しい
バック トゥ ザ フューチャー1DVD
空飛ぶデロリアン
3丁目の夕日DVD
最後の東京タワーと夕日
時をかける少女2006年版Blu-ray
タイムリープがあと1回に

最後の入道雲を見上げるシーンは大画面が最高
アリエッティBlu-ray
ドールハウスの美しさが…写真では分かりにくい

写真では分からないが、花の光も見えている
岳Blu-ray
夕景の美しさに感動

ここまでの総評

写真をご覧になれば分かりますが、300ルーメンとはいえ6畳間で見るには十分な明るさです(というか明る過ぎる位です)。 またBlu-rayでの美しさも十分満喫できる解像度があります。

ただし、3丁目の夕日等もともと映像が暗い場合、シネスコ最大サイズにすると暗く感じることがあります。 暗いシーンで顔の表情などが見えなくなるのです。 この場合は設定でコントラスト(明るさではない)を上げると、見えるようになります。

人物の肌などが赤っぽく見えるものもあるかも知れませんが、 この場合は明るさを上げると緩和されます。またはエコモードにしてもいいです。 ただしエコモードにすると白い部分が緑がかって少し不自然な色合いになります。

ピントについては、10分位すると変化します。 その当たりで一度修正するとよいと思われます。

本体のスピーカーは付録みたいなものです。 あと通常モードではやはりファンの音がうるさいです。 それなりの音量で鑑賞するか、ヘッドホンの利用が良いと思います。

天井吊りなどもできるかも知れませんが、アダプターが小さいとはいえそれなりのサイズがありますし、 左右の調整ができないのできちんと水平に設置できるか難しいところです。 個人的には左右の歪みは上下以上に気になると感じました。 三脚では片方の足を短く(長く)することで簡単にバランスを取ることができます。

また時間があればUSBメモリーでの鑑賞やPCを繋いだ時の使用感などもレポートできればと思います。 取りあえず映画鑑賞用に使えるか(答え:使える!)というレポートとなりました。