パソコン教室 [Windows編]ウィンドウの移動・配置

更新日:2019.08.15
  1. HOME
  2. パソコン教室
  3. Windowsコース
  4. ウィンドウの移動・配置

ここでは、マウス操作に関連した用語の解説を行なっています。 パソコンを始めたばかりの方はダブルクリックが苦手な方も多いので、 ちょっとした対策も載せています。

クリック(左クリック)

マウスの左ボタンを一回押して離します(押しっぱなしではありません)。 通常「クリック」という表現は左クリックのことを指します。

クリックはファイルを選択したり、ウィンドウ中のボタンを押したりするために使います。

ダブルクリック

マウスの左ボタンを素早く2回クリックすることを、ダブルクリックと言います。

ダブルクリックは、ソフトウェアやファイルを実行する時に使います。 何かのソフトウェアのアイコンをダブルクリックすればそのソフトが起動しますし、 音楽ファイルをダブルクリックしたら音楽が実際に再生されます。

パソコンを始められて間もない方は、このダブルクリックが苦手な方が多いです。 力を入れすぎて、2回のクリックの間にマウスが動いてしまったりします。 そんなに力を入れなくても良いので、 マウスを握らず人差し指だけ乗せて2回押す練習をしてみてください。

右クリック

マウスの右ボタンを1回押すことを、右クリックと言います。

右クリックは、メニューを出すために使います。 どうしてもダブルクリックができない人は、右クリックしてメニューを表示させると、 「開く」という部分があるのでそこをクリックすると良いかもしれません。 ダブルクリックと同じ処理を行うことができます。

ドラッグ&ドロップ

マウスの左ボタンを押したままマウスを動かす操作をドラッグといいます。 動かした後に左ボタンを離す操作をドロップと言います。 単にドラッグとだけ表現されることもあります。

ドラッグ&ドロップは、ファイルなどを移動したり、ウィンドウなどのサイズを変更する時に使います。

Windows7までは、トランプゲームが標準で付いています。ご存じの方も多いと思います。 実はこれらのゲームは、マウス操作を習得するのに役立てることができます。 ドラッグ&ドロップの練習の為に少し遊んでみるのも良いかも知れません。 但し、遊び過ぎは駄目ですけど。

ホイール

大昔のマウスでなければ、現在は左ボタンと右ボタンの間にホイールがあります。

ホイールは、縦長のページをスクロールさせるのに使います。 このページも縦に長いので、試しにホイールを前後に転がしてみてください。 ページが上下にスクロールするでしょうか?

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,3" data-matched-content-ui-type="image_stacked,image_card_sidebyside">